害獣駆除博士|害獣のおすすめ対策方法やグッズを徹底比較!

「害獣が屋根裏に住み着いているみたいなんだけど、どうしたら良いかわからない…」

「畑を荒らしている害獣を駆除したいけど、料金相場を知りたい」

「安くて効果のある害獣の対策方法を教えて欲しい」

害獣駆除博士害獣駆除博士

はじめまして。害獣駆除博士です。

害獣がお家に住み着いてしまうと、騒音被害や糞・尿による悪臭や衛星面での問題など生活に大きな支障が出てしまいます。

悩んでいるおじさん

私も屋根裏でガサゴソ音がして害獣がいると思われるのですが、どう対策したら良いか分からなくて…

害獣駆除博士害獣駆除博士

初めて害獣の被害に遭われた場合は、駆除の方法も分からず心配になりますよね…

でも安心してください!

今回は自分でできる害獣駆除の方法や業者での対策などを、料金や効果、安全性、コスパといった指標で比較して、あなたにとってベストな対策法を一緒に考えていきます。

【種類別】害獣駆除や対策の方法

害獣駆除博士害獣駆除博士

まずは被害を出している害獣を特定できている方向けに、害獣の種類別の駆除や対策の方法をご紹介します。

以下の害獣名をタップすると、そこまでジャンプします。

被害を出している害獣が分からない場合は、こちらをタップすることで害獣全般の駆除方法までジャンプできます。

ハクビシン

【ハクビシンの駆除】自分でできるオススメの対策方法8つを解説!

ハクビシンは体長50〜75cmほどの大きさで、鼻筋に1本白い線が通っているのが特徴の動物です。

雑食で様々なものを食べるのですが、特に果物が大好物なのでぶどうやイチゴなど果樹園での被害が多いです。

またハクビシンは全国各地で見られる害獣ですが、特に関東や東北での出没例が多いです。

ハクビシンの対策法として一番多いのは、嗅覚を利用した忌避剤です。

ハクビシンの詳しい駆除の方法については、こちらの記事をご覧ください。

>>「【ハクビシンの駆除】自分でできるオススメの対策方法8つを解説!」

イタチ

イタチの生態や特徴

日本で被害を及ぼすイタチの多くはチョウセンイタチという種類で、体長は30cmほどで尾の長さは15cmほどの大きさです。

イタチは雑食なのですが特に動物を襲って肉を食べることが多く、そのためフンが非常に臭いのが特徴です。

屋根裏に住み着かれると、悪臭被害で居ても立っても居られないほどです。

イタチ対策として多いのは、イタチの嫌いなニンニクや唐辛子の臭いを使った忌避剤です。

イタチの詳しい駆除の方法については、こちらの記事をご覧ください。

>>「【イタチ駆除】自分でできる7つの簡単な対策方法や駆除剤を紹介!」

アライグマ

【アライグマ駆除完全版】自分でできる対策方法を全て解説!

アライグマは可愛い見た目をしていますが、実は非常に凶暴で危険な動物です。

そして狂犬病をはじめとした危険な病気やウイルスを媒介しており、アライグマに襲われると感染の危険性があります。

また直接牙や爪で攻撃されなくても、家にアライグマが住み着いていると糞尿や害虫を経由して感染する恐れもあります。

アライグマ対策として有効なのは、バルサンなどの燻煙材を使った方法や嫌いな臭いを使った忌避剤などです。

アライグマの詳しい駆除の方法については、こちらの記事をご覧ください。

>>「【アライグマ駆除完全版】自分でできる対策方法を全て解説!」

モグラ

【モグラの被害例】庭や家、畑の被害を知って効果的な対策をしよう!

モグラは、畑に掘った穴にネズミが侵入して野菜がかじられてしまうという間接的な被害が多い害獣です。

モグラは視覚が衰えている代わりに、嗅覚と聴覚が発達しています。

そのため、モグラ対策ではこの鋭い嗅覚と聴覚を逆手に取った方法が有効です。

具体的には、唐辛子やナフタリンなどのモグラの嫌いな臭いを使ったり、超音波を発して追い出したりします。

モグラの詳しい対策方法については、こちらの記事をご覧ください。

>>「【モグラ退治】効果のあるおすすめの対策方法をまとめて紹介!」

イノシシ

【イノシシの弱点まとめ】苦手なものに合わせた適切な対策法を解説!

イノシシは食欲旺盛な動物で、畑や田んぼの農作物を荒らす被害が多い害獣です。

イノシシ対策には、主に「優れた嗅覚に働きかける方法」と「物理的に侵入できなくする方法」が有効です。

具体的には、ハーブや唐辛子、木酢液などのイノシシの嫌いな臭いを使ったり、ワイヤーメッシュ柵や電気柵などで侵入を防止したりします。

イノシシの詳しい対策方法については、こちらの記事をご覧ください。

>>「【イノシシ対策完全版】効果のあるおすすめの撃退方法を全て解説!」

コウモリ

【コウモリ駆除完全版】自分でできる寄せ付けない対策・撃退方法!

コウモリは屋根裏やベランダ、換気扇などに住み着いて、騒音被害やフンによる悪臭・病気被害などをもたらす害獣です。

コウモリ駆除には、コウモリの嫌いなハッカの匂いを使った駆除スプレーやジェルタイプの忌避剤などが有効です。

一方で、コウモリの出す超音波を磁石やラジオ、超音波器などで乱して追い出す方法もありますが、これらは効果がない、もしくは一時的で慣れて戻ってくるケースが多いです。

このように効果の期待できないコウモリ駆除方法も紹介しているので、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

>>「【コウモリ駆除完全版】自分でできる寄せ付けない対策・撃退方法!」

害獣駆除の方法や対策グッズ、用品を徹底比較!

害獣駆除の方法は自分で対策グッズを購入して行うものから専門の業者に依頼するものまで、たくさんの種類があります。

これらの中から自分に合った方法を選ぶために、全ての対策法を「料金」「効果」「安全性」の3項目で比較してみました。

害獣駆除博士害獣駆除博士

害獣駆除効果は高いけど病気に感染するリスクがある対策法、料金は高いけど効果があって危険ではない方法など、比較することでそれぞれの対策法の特徴が分かりますよ。

対策法料金効果安全性
害獣駆除業者100,000円前後★★★★★★★★★★
駆除剤や忌避剤4,000円前後★★★★
10,000円前後★★★★
超音波器3,000円〜10,000円前後★★★★★★
ウルフピー2,000円〜10,000円★★★★
電気柵20,000円〜100,000円前後★★★
ネット10,000円〜15,000円★★★★★
毒餌

このように害獣駆除の方法を比較してみると、料金が安い対策法は「駆除剤や忌避剤などの薬剤系」や「ウルフピー(オオカミ尿)」での対策、効果や安全性が高い対策法は「害獣駆除業者」での対策ということが分かりました。

確かに駆除剤や忌避剤、ウルフピーでの対策は安いのですが、再侵入の対策や糞や尿などの掃除、病気への感染リスクがあるため、あまりおすすめできません。

害獣駆除を行うためには、以下の5点を全て行う必要があります。

害獣駆除に必要な5ポイント
  1. 害獣の特定
  2. 害獣の捕獲や追い出し
  3. 糞や尿などの清掃と消毒などの衛生対策
  4. 再び住み着かないようにするための忌避対策
  5. 再侵入防止のための穴を塞ぐ対策

害獣の被害にあった場合は、害獣を捕獲したり追い出したりして終わりではありません。

衛生対策や再侵入防止なども行う必要があるのですが、駆除剤や忌避剤、超音波器などの対策は害獣を追い払うだけで、害獣問題を全て解決できるわけではありません。

それに、これらの作業を素人が全て完璧に行うことは現実的ではないですよね。

やはり総合的に考えると、少し料金は高いですがプロの害獣駆除業者に対策してもらうのが、一番効果が高く安全でコスパのいい対策法だと言えます。

ただし、害獣駆除業者の中には法外な料金を請求するぼったくり業者もいるので、注意が必要です。

そこで当サイト独自で口コミや評判のいい害獣駆除業者を調査して、おすすめランキングを作成しました。

詳しくはこちらのランキングをご覧ください。

>>「害獣駆除業者の料金相場と口コミランキング【安くするコツも解説】」

 

ちなみに1位の害獣駆除業者は「害獣駆除110番」というところでした。

害獣駆除110番
「害獣駆除110番」は日本全国対応で、24時間365日すぐに駆けつけてくれます。

害獣の駆除だけではなく住み着いていた場所や糞や尿の清掃・殺菌・消毒も全て料金に含まれているので安心です。

また満足度、解決スピード、価格満足度、利用シェア全てでNo.1を獲得している信頼できる業者です。

現地の調査や見積もり、相談は無料で行ってくれるので、害獣被害で困っている方はぜひご連絡してみてくださいね。

\24時間365日・日本全国対応/

「害獣駆除110番」公式サイト

害獣駆除博士害獣駆除博士

この後は、それぞれの害獣駆除対策法の特徴を紹介していきます。

害獣駆除業者

害獣駆除業者

料金100,000円前後
効果★★★★★
安全性★★★★★

害獣駆除業者による対策は、料金こそ少し高めですが安全に害獣を駆除することができます。

素人が下手に害獣対策をしても住み着いている害獣を特定できなかったり弱点を知らなかったりするために、効果的な駆除ができない可能性があります。

しかしプロの害獣駆除業者が対策すれば、たとえ害獣がその場にいなくても糞や尿の様子や被害の状態から動物を特定し、一番効果のある対策を行ってくれます。

また素人はたとえ害獣を追い出せたとしても全ての侵入経路を特定できず、防ぎ切れなかった穴から再度侵入されてしまうケースも多いです。

しかし害獣駆除業者なら侵入経路を防ぐことはもちろんのこと、再発防止保証がついているので仮に被害が起こったとしても無料で対応してくれて安心です。

業者が駆除してくれるので病気に感染するリスクや害獣に襲われる危険性もなく、安全性の面でも優れています。

100,000円前後といった料金がネックかもしれないですが、最長10年間の再発防止保証や確実で安全な害獣駆除ができること、他の駆除方法では失敗してしまう可能性があることを考えたら、トータルで考えると安くつくと言えるのではないでしょうか。

\24時間365日・日本全国対応/

「害獣駆除110番」公式サイト

駆除剤や忌避剤(嫌な臭い)などの薬剤

駆除剤や忌避剤(嫌な臭い)などの薬剤

料金4,000円前後〜
効果★★
安全性★★

駆除剤や忌避剤などの薬剤を使った害獣対策法は、唐辛子などの刺激臭や害獣の嫌いな煙などの臭いを利用して追い出す方法です。

使い方は寄せ付けたくない場所に薬剤を置くだけなのですが、屋根裏などの置きづらい場所に置くのは大変です。

また効果は2ヶ月〜6ヶ月ほどと短いため、侵入経路を塞いでおかないと再度侵入されて住み着かれる可能性があります。

それに糞や尿などの掃除や傷ついた壁などは自分で掃除・修理しなければならないため、病気などの感染リスクがある点も心配されます。

害獣駆除博士害獣駆除博士

ペットの嫌がる臭いを発する忌避剤もあるので、ペットを飼っているご家庭ではあまりおすすめできません。

罠

料金10,000円前後〜
効果★★★★
安全性

害獣の好む餌を利用して捕獲する罠を使った対策法は、悪さをしている害獣を捕まえることができるため、即効性のある害獣駆除法ではあります。

しかし害獣を捕まえることは「鳥獣保護法」で禁止されているため、保健所や市町村役場に申請する必要があります。

また罠を使用するには免許も必要になるため、基本的には専門の害獣駆除業者さんに行ってもらうことになります。

もしも鳥獣保護法に違反した場合は、1年以下の懲役か100万円以下の罰金に処せられるのでくれぐれも注意しましょう。

第八十三条 次の各号のいずれかに該当する者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
一 第八条の規定(鳥獣及び鳥類の卵は、捕獲等又は採取等をしてはならない)に違反して狩猟鳥獣以外の鳥獣の捕獲等又は鳥類の卵の採取等をした者(許可不要者を除く。)

超音波器

超音波器

(出典:https://item.rakuten.co.jp/bestanswer/life-001/)

料金3,000円〜10,000円前後
効果★★★
安全性★★★

超音波器での対策は、害獣の嫌いな超音波を発して寄せ付けなくする方法です。

超音波器によっては、周波数を調整できるものや害獣を検知したタイミングのみ超音波を発するもの、害獣の苦手な光も発するものなどがあります。

屋外のソーラー発電で動くものも便利ですし、設置も比較的簡単なので、自分でできる害獣対策では「超音波」がおすすめです。

害獣駆除博士害獣駆除博士

ただし害獣が屋根裏などに住み着いている場合は、追い出した後の糞や尿などの掃除や傷んだ箇所の修理を行う必要があります。

ウルフピー(オオカミ尿)

ウルフピー(オオカミ尿)

料金2,000円〜10,000円
効果★★
安全性★★

ウルフピー(オオカミ尿)での対策は、ハクビシンやアライグマ、イタチなどの天敵であるオオカミの尿を使った臭い成分を撒くことで害獣を寄せ付けなくする方法です。

野生動物が尿でマーキングする習性を利用し、ウルフピーの臭いがすることで天敵であるオオカミがいると思い、害獣は逃げ出していきます。

使い方は、専用のカップにウルフピーを入れて寄せ付けたくない箇所を囲うように3〜6mおきに設置していきます。

ただし効果期間は2〜6ヶ月ほどで切れてしまうため継ぎ足しが必要ですし、ペットがいる場合は怯えてしまったり吠えて威嚇したりする場合があります。

屋外への設置は効果的ですが、屋内の設置は難しく、追い出し後の糞や尿の掃除などの懸念点が残ります。

電気柵やフェンス

電気柵やフェンス

料金20,000円〜100,000円前後
効果★★★
安全性

電気柵やフェンスは、主に畑や庭の野菜などを目当てに荒らしに来る害獣に効果を発揮します。

畑や庭を囲うように電気柵はフェンスを配置し、侵入しようとした害獣が柵に触れると感電して逃げていきます。

人間が触れてもビリっとして驚くくらいの電流ですが、過去に電気柵の設置の際に感電して亡くなってしまった人もいるため、安全性は低く評価しています。

ネットや金網

ネットや金網

料金10,000円〜15,000円
効果★★★
安全性★★

ネットや金網での対策は、害獣の被害に遭っている畑や庭を囲うようにネットや金網を配置して侵入できないようにする方法です。

物理的に畑を荒らしに来れなくなりますし、人やペットなどへの影響もないので安全な対策法です。

しかしネットや金網の設置が大変なのがネックですしお値段も比較的高いので、超音波器で効果がない場合に実践してみることをおすすめします。

毒餌

毒餌

毒餌での対策は、害獣に毒の入った餌を食べさせて殺してしまう方法ですが、これは基本的に鳥獣保護法により禁じられているのでおすすめできません。

害獣といっても動物を苦しませて殺すのは、動物愛護の観点からも好ましくはないですよね。

ですので、追い払う方法で駆除するか、害獣駆除業者に捕獲してもらい愛護団体に引き渡してもらうことをおすすめします。

\24時間365日・日本全国対応/

「害獣駆除110番」公式サイト

害獣駆除や対策の料金や費用相場

やはり害獣駆除や対策法を考える上で、料金面がネックになる方は少なくないと思います。

そこで再度、それぞれの害獣駆除対策法の料金や費用相場を比較してみました。

対策法料金
害獣駆除業者100,000円前後
駆除剤や忌避剤4,000円前後
10,000円前後
超音波器3,000円〜10,000円前後
ウルフピー2,000円〜10,000円
電気柵20,000円〜100,000円前後
ネット10,000円〜15,000円

害獣駆除や対策を業者に依頼すべき4つの理由

害獣駆除業者

ここまで害獣駆除や対策の方法を比較してきましたが、やはり害獣駆除は専門のプロ業者に依頼すべきです。

その理由は、以下の4点です。

害獣駆除を業者に依頼すべき4つの理由
  1. 個人で害獣に罠を仕掛けるためには資格や免許が必要だから
  2. 無許可で害獣の駆除や対策をすると動物愛護法や鳥獣保護法などの法律に違反してしまうから
  3. 病気に感染してしまう危険性があるから
  4. 被害を根絶できないかもしれないから
害獣駆除博士害獣駆除博士

それぞれの理由を詳しくお伝えしていきますね。

個人で害獣に罠を仕掛けるためには資格や免許が必要だから

害獣を駆除するために罠を仕掛けるのには、「狩猟免許」が必要です。

狩猟免許を取得することで、鳥獣保護法で捕獲を許可されている動物(ハクビシンや雌イタチ、アライグマなど48種)を捕獲できるようになります。

ただし一般人は狩猟免許を持っていない人がほとんどなので、1回の害獣駆除のために狩猟免許を取得するのは時間もお金ももったいないです。

②無許可で害獣の駆除や対策をすると動物愛護法や鳥獣保護法などの法律に違反してしまうから

狩猟免許を持っていれば害獣駆除用の罠を設置できますが、国や自治体に申請することで発行される「捕獲許可証」を持っていないと、鳥獣保護法に違反したとして30万円以下の罰金が科されます。

また狩猟免許を持っていない人が害獣に罠を仕掛けて捕獲したり殺傷したりすることも、鳥獣保護法によって禁じられています。

もしも違反した場合は、1年以下の懲役か100万円以下の罰金が科されてしまいます。

そのため、もしも自分で害獣駆除を行いたい場合は、狩猟免許を取得した上で各自治体ごとに定められている都道府県庁や市町村役場、保健所、農業センターなどで必要書類を提出します。

必要書類には、害獣の種類や被害の写真、捕獲方法、狩猟許可証のコピーなどを準備しる必要があり、許可が下りるまで2週間ほどの時間がかかることもあります。

害獣駆除博士害獣駆除博士

このように考えると狩猟免許を持っていたとしても害獣を駆除できるまでには時間がかかり被害も拡大してしまうので、すぐに対応してくれる害獣駆除業者に依頼すべきなのです。

害獣駆除に必要な資格や免許、罰則などについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

>>「【危険】害獣駆除には資格や免許が必要!罰則を避ける注意点を解説!」

③病気に感染したり害獣に襲われる危険性があるから

害獣の糞や尿にはたくさんの病原菌が潜んでいますし、寝床になっている場所はノミやダニが増殖していて衛生的に非常に悪いです。

また害獣が屋根裏などに潜んでいる場合は、駆除しようとした際に急に襲ってきて危害を加えてくる危険性もあります。

もしも素人が害獣駆除しようとすると害獣に襲われたり、糞や尿、寝床を掃除した際に皮膚炎や喘息などの病気やアレルギーに感染したりすることが考えられます。

しかし害獣駆除業者に依頼すれば、プロが安全面も考慮した上で的確に駆除作業や清掃・消毒作業を進めてくれるので安心です。

薬剤を使う場合は家族やペットなどへの影響も考えて駆除方法を選択してくれるので、小さいお子さんがいる家庭やペットがいる家族も心配要らずですね。

④被害を根絶できないかもしれないから

たとえ駆除剤や忌避剤などで一時的に害獣を追い出せたとしても、侵入経路を防がなければ再度害獣が侵入してきてしまいます。

例えばイタチなら500円玉サイズの隙間があれば侵入できてしまいます。

このような小さな隙間を全て見逃さずに塞ぐことは素人には難しいですよね。

しかし害獣駆除業者なら長年の経験によって、侵入経路を見つけてしっかりと防いでくれます。

また再発防止保証をつけてくれる業者なら、もしも施工後に再侵入されたとしても無料で駆除してくれるので安心ですね。

\24時間365日・日本全国対応/

「害獣駆除110番」公式サイト

口コミや評判のいい害獣駆除業者おすすめランキング

害獣の被害はプロの害獣駆除業者に依頼するのがオススメですが、中には請求金額の高いぼったくり業者も存在します。

そこで害獣駆除業者の口コミや評判を参考にしながら、「料金」「対応エリア」「長所」「短所」などで比較しておすすめランキングを作成しました。

詳しいランキングはこちらの記事を参考にしてください。

>>害獣駆除業者の料金相場と口コミランキング【安くするコツも解説】

この記事ではおすすめランキング第1位の「害獣駆除110番」の特徴についてご紹介します。

害獣駆除や対策は「害獣駆除110番」がおすすめ

害獣駆除110番

「害獣駆除110番」は、満足度・解決スピード・価格満足度・利用シェアの全てで1位を獲得している信頼できる害獣駆除業者です。

日本全国各地に事務所があり、24時間365日どこでも対応してくれるので安心です。

また害獣の駆除だけではなく、糞や尿の掃除や消毒、殺菌、壁の修理なども全て込みの料金で行ってくれるので、追加費用はかかりません。

ハクビシン19,800円〜、イタチ22,500円〜、アライグマ25,000円〜と良心価格で明朗会計なのも特徴です。

現地の調査や見積もり、被害の相談などは無料で行ってくれるので、害獣にお困りの方はお気軽に連絡してみてくださいね。

\24時間365日・日本全国対応/

「害獣駆除110番」公式サイト

害獣駆除や対策のよくある質問

Q. 市役所や行政では害獣駆除の対応はしてくれないの?

お住いの市役所や行政にもよりますが、あまり力になってもらえない場合が多いのが現状です。

地域によっては罠を貸し出してくれるところもありますが、自分で設置しなければならないこともありますし、危険も伴います。

それにたとえ捕獲できたとしても、その後の糞や尿の清掃や消毒、侵入経路の対策などの問題は残ってしまいます。

ですので、総合的に害獣問題を解決するためには、やはり専門の害獣駆除業者に依頼することをおすすめします。

Q. 害獣駆除はどれくらいの時間や期間がかかるの?

業者や対策法にもよりますが、目安の時間や期間は以下の通りです。

  • 害獣の追い出し+侵入経路対策:1〜3日間
  • 害獣の捕獲+侵入経路対策:14〜30日間

Q. 害獣駆除はどの時期にやるべき?

害獣ごとの特性によって繁殖期や冬眠期間は異なりますが、特に近年の住宅環境は改善されて冬でも暖かく冬眠を行わなくなる傾向にあります。

また害獣被害の多いハクビシンやイタチ、アライグマなどは繁殖力が高く、特にハクビシンは通年繁殖期で一度の出産で5匹ほどの子供を産みます。

すると短期間で数多くの害獣が住み着いてしまって、被害もどんどん大きなものになってしまいます。

ですので、害獣被害を感じたらできるだけ早く対策することが重要です。

被害が拡大すればするほど費用もかかってしまいますので、ぜひお早めに害獣駆除業者に無料相談することをおすすめします。

\24時間365日・日本全国対応/

「害獣駆除110番」公式サイト